大人になり社会の色々な面に触れると、新たな刺激と同時にストレスを抱えることになります。ストレスは万病の素で、様々な病の原因でもあります。

  • ホーム
  • 鎮痛剤などの薬の服用で逆流性食道炎になってしまう

鎮痛剤などの薬の服用で逆流性食道炎になってしまう

逆流性食道炎は、暴飲暴食や不規則な生活が原因になることが多いとされていますが、鎮痛剤などのくするの服用でなってしまう場合もあります。
暴飲暴食や体が冷えることなどがあると胃酸の分泌が過剰になって、逆流してしまうことがあります。
強い鎮痛剤を使っていたり、痛み止めを長く使っていたりすると、胃の粘膜があれてしまうことがあるため、胃を守るために胃酸が過剰に分泌されて、多くなった胃酸が逆流し、粘膜にダメージを与えるというわけです。

腰痛や外科的な疾患、けがなどの治療中の人や生理痛で悩んでいる女性など、鎮痛剤を使うことがあり、強い薬だったり、連続して服用したりすることがあるため、逆流性食道炎になりやすい傾向があります。
作用が強い痛み止めは、胃の粘膜を荒れさせてしまうことも多く、喉や胸が焼けるような痛みを感じたり、げっぷが多くなったりすることがあります。
逆流性食道炎の典型的な症状としては、胃の中にある胃酸が食道付近まで逆流してくることで、胃の上部にある筋肉の働きが低下してしまうことです。
これにより胃酸を胃の中にとどめておくことができず、食道の方にまで上がってきてしまいます。

逆流性食道炎の症状が出ている場合には、病院で、胃酸を抑える薬を処方してくれることが多く、胃酸の影響を胃や食道ができるだけ受けないように胃酸をおさえるすることで、痛みが緩和してくることが普通です。
胸が焼けるような痛みやげっぷ、時には背中に痛みを感じる場合もありますが、胃酸を抑える薬を飲むことで、徐々に胃の粘膜が修復され、胃の働きが正常化してくると、痛みがおさまり、症状が楽になってきます。

鎮痛剤などの薬の服用で逆流性食道炎になってしまう炎症を引き起こすため、逆流性食道炎のために鎮痛剤が処方されることはありません。
消化に良い食べ物を食べたり、規則正しい食生活を心掛けるなど、胃を酷使しないようにして、胃の粘膜の回復を待つことが大切です。

逆流性食道炎治療中の頭痛はどうすればいい?

逆流性食道炎の人の中には、胃や食道の症状だけでなく、頭痛を感じる人も多く、医師に相談することが大切です。
胃酸の分泌が過剰になってしまっている逆流性食道炎の人は、自律神経が乱れてしまって場合が多いため、頭痛が起こりやすいと言われています。
胃の症状がおさまってきて、自律神経のバランスが正常化してくると、頭痛もおさまる人が多く、よくある症状のひとつです。

逆流性食道炎の治療中の人で、頭痛がある人や頭痛が続いて気分が悪くなってしまう人などは、医師に相談すると鎮痛剤を処方してもらえる場合があります。
鎮痛剤を服用することで胃に負担を掛けてしまい、胃酸を多く分泌して逆流性食道炎の症状を悪化させてしまう危険性があります。
胃の粘膜を保護する薬を処方してもらうことができる場合が多いので、医師に相談することをおすすめします。

自己判断で鎮痛剤を服用すると、胃酸をおさえている状態の胃に、鎮痛剤がダメージを与えてしまうために、粘膜が弱って炎症が強くなったり、強い痛みを感じたり、粘膜が薄くなってしまい穴が開いてしまう危険性もあります。
逆流性食道炎と頭痛は関係がないと思っている人もいますが、勝手に鎮痛剤を服用することは、とても危険なので、頭痛のことについても医師に相談することが重要です。

医師と相談しながら逆流性食道炎の薬を服用し、規則正しい食生活や消化の良い食事、体を温めることなどに気を付けることで、逆流性食道炎の症状を軽減することが期待できます。
逆流性食道炎の症状が回復してくると同時に自律神経のバランスも整い、頭痛も気にならなくなっていく人が多いので、逆流性食道炎治療中の頭痛で悩んでいる人は医師に相談してみましょう。
頭痛は痛みが生じている部分の血管が拡張してしまったり、血管が収縮してしまったりすることで、血流によって引き起こされる場合もあるので、頭を温めることや冷やすことで楽になる場合もあります。
ずきんずきんと痛む頭痛の場合には、タオルを巻いた保冷材などをあてて冷やすと楽になる場合があります。