大人になり社会の色々な面に触れると、新たな刺激と同時にストレスを抱えることになります。ストレスは万病の素で、様々な病の原因でもあります。

  • ホーム
  • 逆流性食道炎を完治させるために行う生活習慣

逆流性食道炎を完治させるために行う生活習慣

お腹が痛い女の人

逆流性食道炎を完治させる為には薬を服用していくだけでは改善されないことが多いようです。
例え改善されたとしても、一時的によくなっているだけであり、実際には何度も再発してしまう病気と言われています。
実は、逆流性食道炎を本当の意味で完治させたいのであれば、生活習慣を見直すことが大切と言われているのです。

逆流性食道炎を完治させるために行うべき生活習慣とはどのようなものがあるのでしょう。
一番大切なのは、食事と言われています。
脂っこい食事を好んだり、甘い物をよく食べる、香辛料などを好むという人はちょっと注意が必要です。
刺激の強い食事は胃液の分泌を促進してしまいます。

胃酸が過剰に分泌されるような状態を避ける為には、まず上記にあげたような食事を控えることです。
また、食べ方にも注意が必要です。
早食いをしている人や食べ過ぎてしまう人、また食べた後すぐに横になるような人も逆流性食道炎を悪化させてしまいますのでやめましょう。
食事は、腹八分目に抑え、食後には横にならないことを徹底しましょう。

食事以外で気をつける生活習慣についても考えてみましょう。

使用する枕には好みによって様々ですが、逆流性食道炎の人の場合には胸やけを防ぐ為、上半身に傾斜をつけて寝ることが良いとされています。高い枕と低い枕を合わせて段差をつくることがポイント。上半身に傾斜をつけることで逆流が起きにくくなります。低い枕を好んでいる人は少しだけでも傾斜をつけてあげると予防することができるでしょう。
猫背
猫背の人や前かがみの姿勢になってしまうと、胃を圧迫してしまい逆流の原因になります。その為、正しい姿勢を心掛けることも大切です。
締め付けの強い服装は避ける
ベルトなど腹部を締め付けるようなものを着用するときは、締め過ぎないように気をつけましょう。締め付けることによって腹圧が上昇し、逆流の原因になります。
激しい運動を控える
健康の為に運動をしているという人もいるでしょうが、ハードなランニングやウエイトトレーニングをしている人は健康な状態だとしても胸やけが誘発されやすいという研究結果があるようです。その為、激しい運動などは様子を見ながら行うようにしましょう。
メタボリックシンドローム
内臓に脂肪がつくメタボリックシンドロームと呼ばれる状態ですと、胃が圧迫され逆流が起きやすくなってしまいます。一見太っているように見えない人でも内臓に脂肪が蓄積していることがありますので、体脂肪率をチェックしてダイエットを行うことをおすすめします。

一見関係ないように思えることでも実は逆流性食道炎の予防に繋がる生活習慣もありますので、思い当たることがある人は改善していきましょう。
上記でも説明しましたが、逆流性食道炎は合併症のリスクもありますので、日頃から改善していく努力が必要です。
特に食事の内容、摂り方には注意していきましょう。

生活習慣病って何?

生活習慣病とよく耳にしますが、どんな病気のことを指しているのでしょう。
生活習慣病とは、食生活・運動習慣・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気の総称のことです。
生活習慣病としてよく挙げられる病気には、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、メタボリックシンドロームがあります。
これらの病気は成人した人がなりやすいことから、以前は成人病と呼ばれていました。

この定義から考えれば、逆流性食道炎も生活習慣病の一種であることがわかるでしょう。
生活習慣によって引き起こされることが多く、生活習慣を見直すことが改善していく上でとても大切であると言われているのです。
生活習慣病の場合、薬を服用すれば症状を一時的に改善してくれることはありますが、同じような生活を続けていくことで繰り返してしまうというリスクもあります。
薬を服用すれば絶対に完治するというものではないのです。

特に煙草などは生活に絶対必要なものではありません。
しかし、日常的にそれがないと生活に困難を示すような人も存在しています。
昨今では煙草に対しての扱いが厳しくなってきているものの、煙草を吸い続けている人はいます。
煙草の健康被害について認識はあれど、やめることができない人はまだまだいるのです。
このように、病気になるまでやめることができない生活習慣があるような人は病気になりやすいでしょう。

また、高血圧などは遺伝的要素も強いとは言え、食事内容が塩分過多のものを好んで食べていたりすることで高血圧を発症させてしまうという人もいます。
高血圧であることは自覚していても、生活習慣を改善せずに薬でどうにかしようと考えている人がいるからです。
高血圧を放っておくことはとても危険なことであると認識していても、日常的には意識できていない人も多いのです。

さらに、患者数が年々増加傾向にある糖尿病は、食事が主な原因と言われているぐらいです。
欧米化した食事、暴飲暴食、飲酒などの生活習慣があると、それが当たり前になってしまいますが、その状態は健全とは言えません。
気づかないうちに膵臓にダメージを与え続けているのです。
ダメージを与えていることに気付かずに過ごすことは命が危険にさらされている状態と同じと言えるでしょう。

生活習慣を見直すことの大切さをしっかり理解せず、不健康な生活ばかり繰り返していれば、病気になってしまうことも当然と言えます。
生活を見直すこと、意識していくことで改善することができる、もしくは予防できるのです。
逆流性食道炎も、生活習慣病と呼ばれている病気もどちらも日頃からの心掛けで予防できるものです。
発症してから、薬を服用すればいいなどと考えるのではなく、まずは健康的な生活を心掛けていきましょう。
特に煙草は百害あって一利なしですので、やめることをおすすめします。