大人になり社会の色々な面に触れると、新たな刺激と同時にストレスを抱えることになります。ストレスは万病の素で、様々な病の原因でもあります。

  • ホーム
  • 逆流性食道炎は予防のために薬を服用してもいいか

逆流性食道炎は予防のために薬を服用してもいいか

逆流性食道炎の症状というのは、その生活の態度によって引き起こされることが知られています。
そもそも逆流性食道炎の原因となるのが暴飲暴食、早食い、食後すぐに寝るといったものです。
また逆流性食道炎は胸焼けを起こしやすい食品も原因になりえます。

逆流性食道炎の仕組みとしては単純にいえば胃液などが逆流し食道を傷つけ炎症を起こすことです。
胃に存在する胃酸は食べ物を強い酸性の胃液によって溶かして腸での栄養を吸収しやすくする働きを担っています。
腸に送り込まれた食べ物は十二指腸の粘膜によって膵液の分泌する酵素が分泌され、さらに膵臓から分泌される酵素と胆汁により中和されます。
小腸でも胃液の成分を弱める粘液が分泌されており、腸方向へ送り込まれた食べ物は胃酸の影響を受けずに消化されていきます。

その一方で腸とは逆方向の食道に関しては胃酸を中和するといった機能は備わっていません。
このため強い酸性のある胃酸が逆流してくると粘膜が傷つき炎症を引き起こします。
食道で起こるこのような症状として見られるのが胸焼けですが、これが重症化し炎症が周辺に広がると胃もたれやのどの違和感、咳や気管支炎を引き起こします。
また場合によっては痛みを生じますし、食道への刺激が耳の痛みに発展する場合もあります。

逆流性食道炎を改善するためには胃腸薬が一定の効き目があります。
特に胃酸の分泌を抑制する薬であれば逆流する胃酸の量を減らすことができるので、すばやく症状を緩和することができます。
また消化を良くすることで胃の内容物をすばやく腸に移動させることができれば、逆流性食道炎の予防に繋げることができます。
このため胃腸薬の服用は予防のほか症状の改善に繋げることができます。

ただし、これらの薬の服用はあくまでも対症療法であり、逆流性食道炎の根本的な解決には至りません。
このため予防するためには逆流性食道炎にならないための予防法を実践するのが一番です。

食後3時間以内は横にならないのが一番の予防法

逆流性食道炎はその名の通り胃酸が逆流することで起こります。
健全な人の場合には食道と胃の間には横隔膜を突き抜けており、その突き抜けた穴は食道裂孔といいます。
横隔膜は食道を支える役目と同時を周囲から食道を抑える役目も果たしています。

この作用は胃から食道に食べ物が逆流しないようにするバルブのような働きも担っています。
しかしこの食道裂孔がゆるんでくると抑える力がなくなり胃酸が逆流しやすくなります。
また食道を抑えている下部食道括約筋が緩むことでも発生します。
これらが主な逆流性食道炎の原因です。
また肥満や妊婦などの場合には胃の圧力が掛かることで逆流性食道炎になりやすくなります。

薬による予防や治すためには胃酸の分泌を抑えることですが、これでは逆流性食道炎の根本的な解決にはならず、継続的に薬を飲まなければ再発する可能性も高いです。
また薬は服用するほど作用しにくくなる可能性もあります。
特に胃酸分泌を抑制する薬は連用が禁止されていますから、医師の診断を受けることが大切です。

基本的な逆流性食道炎の予防法としては、ひとつ胸焼けを起こしやすい食品の摂取を控えることや、暴飲暴食をしないことです。
また食後すぐに横に寝るになるのは胃酸が重力に従って逆流しやすくなるため避ける必要があります。
一般的には食後3時間以内は横にならないことです。
3時間も経過すれば胃にあった食べ物は腸に移動しているので逆流する胃酸が少なくなるので症状を起こさなくなります。

一方で寝るにしても右向き、つまり左側を下にして寝るのもポイントです。
これは胃の形によるもので右向きに寝ることによって重力の力で胃酸が食道に流れ込まないようにすることができます。