大人になり社会の色々な面に触れると、新たな刺激と同時にストレスを抱えることになります。ストレスは万病の素で、様々な病の原因でもあります。

  • ホーム
  • 妊娠中に逆流性食道炎?!薬は飲んでもいいの?

妊娠中に逆流性食道炎?!薬は飲んでもいいの?

薬を持つ人

胸がムカムカしたり胃酸が逆流したり、普段ならともかく今は妊娠中なのだからしょうがないと思っている方も多いでしょう。
妊娠初期だけでなくその後もずっと続くのであればつわりではなく原因は逆流性食道炎という病気かもしれません。
特に初期段階ではつわりなのか逆流性食道炎なのかを見分けるのは難しいこと。
症状が激しく食事を摂ることさえ困難だというなら医師に相談した方がよいでしょう。

どちらかというとつわりは時間に関係なく起こりますが、逆流性食道炎の場合には食後・空腹時・朝起きたばかりのときなどに症状がでやすいです。

免疫力の低下やイライラ・子宮が胃を圧迫し始めることなど、妊婦さんは逆流性食道炎になりやすいもの。
妊娠することで増加する黄体ホルモンには、胃腸の働きを鈍らせてしまうという働きもあります。
とはいえお腹の赤ちゃんに影響を与えるため使用できない薬もあるため、必ず病院では妊娠中であることを医師に告げるようにしましょう。

妊娠中の薬としては、ガスターやタケプロン、ムコスタ・アルロイドGなどが処方されるはずです。
これらは服用しても胎児への影響はないと言われています。
ただ、本来逆流性食道炎の薬として服用されるH2受容体拮抗薬・プロトポンプ阻害剤などは胎児への影響が懸念されるので使用は控えたほうがよいでしょう。

ちゃんと妊婦さん向けの薬というのはあるので我慢するのではなく薬で改善を試みてみるのもよいでしょう。
ムカムカが続き更にイライラが溜まると悪化するばかりです。
原因を取り除き、ゆったりとした気持ちで妊娠生活を送りましょう。

つわりは妊娠初期を過ぎれば大抵の方は納まります。
ホルモンの変化や子宮による圧迫によって起こっている妊婦さんの逆流性食道炎も出産後には落ち着いていくはずです。
大丈夫とはいえ薬はいやだというのであれば、消化の良いもの・のどのとおりが良いものを中心に食べるようにする、水分を多く取るなど自分なりの対処法を見つけ出すようにしましょう。

つわりが原因で出産後も逆流性食道炎になってしまった

つわりもまた逆流性食道炎の原因となります。
激しい嘔吐が何度も続くことで胃酸が食道に留まる時間が長くなり、食道やのどが荒れてしまうのです。
胸焼け・胃の痛みとともに咳が出たりのどの痛みを訴える方も多いです。

出産後までつわりが続くことはないですが、つわりによって食道やのどが荒れたことが原因で吐き気が続けば更に荒れる原因となるため症状は長引くことになるでしょう。

そうならないためにもできるだけ嘔吐の数を少なくするしかありません。
食事の仕方・食材選びには慎重になりましょう。
人によってはつわりの症状が軽い場合もありますが、それでもやはりこの時期はホルモンバランスの影響により胃腸の調子はいつもよりも良いとは言えません。
たとえ吐き気をあまり感じないとは言っても油断することなく胃酸が多く分泌されやすい食事はやめておきましょう。

辛いもの・甘いもの・酸っぱいもの・消化に時間が掛かるもの・カフェイン・炭酸飲料などがNGです。
脂肪やタンパク質の過剰摂取も控えたほうがよいでしょう。
今、逆流性食道炎患者は増加しています。
その原因として食生活の欧米化というのもあるのです。

人によっては食べているときだけが楽になるという食べづわりの方もいます。
ですが食べすぎも胃酸過多のおそれがあります。
少量ずつゆっくり食べるようにしましょう。
食事が終わってすぐ横になるのも胃酸が逆流しやすいです。

通常は逆流性食道炎は消化器内科を受けるのが基本です。
ですが、妊婦の場合にはつわりの可能性もありますし、薬に制限もあります。
まずは定期健診で通っている産婦人科を受診しましょう。
胃薬や風邪薬などを、自己判断でかってに服用するのは絶対やめましょう。