大人になり社会の色々な面に触れると、新たな刺激と同時にストレスを抱えることになります。ストレスは万病の素で、様々な病の原因でもあります。

  • ホーム
  • ネキシウムを病院で処方してもらう際の注意点

ネキシウムを病院で処方してもらう際の注意点

胃痛や胃炎に処方される代表的な製品がネキシウムです。
胃酸の分泌を抑制するのでPPIとも呼ばれています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ピロリ菌の除去にも使われています。
胸やけや胃もたれで悩んでおられる方に処方されますが、ネキシウムを飲んだ時の副作用もネキシウムで抑えきれない胃酸が粘膜を刺激することになり、胸やけや胃もたれを感じることがあります。

胃酸はもともと胃腸に侵入してくるばい菌を殺菌する役目を持っていますが、胃壁が弱っていると胃酸で粘膜が傷つき、胃腸炎の原因となることがあります。
胃酸が逆流してしまうと食道が傷つき、胸やけや胃もたれを引き起こしてしまいます。
ネキシウムは胃酸の分泌抑制剤で、胃酸の絵強を最小限に抑えます。
ピロリ菌などの除菌にも使われています。

胃酸を少なくしてくれるので抗生剤と併用することで抗生物質の効き目が高まります。
胃酸は胃粘膜の酵素により分泌されますが、この酵素は酸を放出してカリウムイオンを取り込むポンプの役割を担っています。
ネキシウムはこのポンプの役割を阻害することで酵素活性を抑制します。
オメプラール、オメプラゾンといった製品が利用されてきましたが、ネキシウムもこれらとほぼ同等の効き目があると臨床研究から明らかになっています。

ネキシウムは国内で4番目に開発されたプロトンポンプ阻害ですが、他のものよりも効き目が強く、胃潰瘍と診断されると最初に選択されます。
高い血中濃度が可能となり、代謝に個人差がないので広範に利用されています。
胃潰瘍の再発予防にも用いられています。
作用が強く治りが早いので1か月程度で症状が緩和されます。
ヘリコバスターやピロリ菌の除菌療法にも使われています。

ネキシウムは胃酸分泌過程の最終段階であるプロトンポンプに作用します。
胃酸の分泌を抑制して胃の中のPHを上昇させるので、抗菌作用が高まります。
主な副作用としては下痢、胃炎、貧血、胃ポリープ、味覚異常、軟便、発疹などがあります。
病院やクリニックで処方された場合には注意点を良く理解して、適量を守り、異常を感じたらすぐにドクターに相談しましょう。

ネキシウムはいつまで飲み続けることになるのか!?

ネキシウムは胃潰瘍では1か月程度、十二指腸潰瘍では2カ月程度の服用が基本となります。
症状が改善されない場合には他の製品に切り替えることもあります。
即効性が高いので完治すると使用を中止するのが一般的です。
非びらん性胃食道逆流症や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発防止にも使われます。
使用の目安は1か月程度です。

胃痛、ヘリコバスターやピロリ菌の除去の場合には完治するまでの1週間程度の服用となります。
副作用は少ないですが、肝機能の悪い人には数値に異常が現れる場合があります。
頭痛やめまいがする時にもドクターに相談しましょう。
皮下出血や歯肉出血などの血管系、発疹、水膨れ、のどの痛みなど粘膜皮膚系、血尿、排尿障害、むくみなどの腎臓系、息切れ、発熱、混乱、興奮などの症状を引き起こすこともありますから注意が必要です。

再発の心配がある疾患の場合には365日継続して服用しなければならないことも少なくありません。
服用期間は8週間ほどですが、1年から10年以上も飲み続けている方も多く、いつまで飲み続けるのかが不安になります。
食生活や生活スタイルが変わらなければ、症状が良くなっても再発する危険性がありますので処方され、いつまでも飲み続けることになります。

保険適用の関係で8週間程度とされていますが、実際に飲み続けても体質的に副作用がなければ問題がありません。
自己判断で服用を辞めたら、再発したという事例が多いので症状が軽減してきたと思うのであれば、容量を少なくしてもらうかほかの製品に変更するなど病院でドクターに相談するのがおすすめです。
プロトンポンプでの過程でいかに影響をもたらすかというのは個人差がありますので、ネキシウムを服用して症状が緩和するまでの時間も個人差があります。
胃酸の分泌量を抑制し、胃に長くとどまることができます。

8週を超えても症状が緩和しない場合には維持療法として継続してネキシウムを飲み続けることになります。
胃の酸性度が低下したり、吸収性にも問題が出てくるといった長期服用の問題点も指摘されていますが、10年以上ネキシウムを飲み続けているといった服用をしている方も珍しくありません。